①Meteorに触ってみる(インストールと初めてのアプリ作成)

簡単にWebアプリケーションが作れるMeteorを触ってみます。


■Meteorとは?
Webアプリケーション開発プラットフォームです。
JavaScriptとHTML+CSSだけで、Webアプリケーションが作成できます。


・公式サイト
https://www.meteor.com/


■インストール
MacLinuxの場合は、下記コマンドで、簡単にインストールできます。

curl https://install.meteor.com/ | sh


Windowsインストーラもあるので、Windowsにもインストールできるみたいです。
今回は、Ubuntu環境に入れてみます。


■アプリ作成
下記コマンドで、アプリを作成します。※「HelloWorld」部分は任意のアプリ名を指定します

meteor create HelloWorld


下記コマンドで、アプリを実行してみます。

cd HelloWorld
meteor


Webアプリケーションサーバも内蔵されているので、
ApacheTomcat等のインストールは不要です。


また、データベースは、MongoDBが組み込まれています。


・MongoDB
https://ja.wikipedia.org/wiki/MongoDB


MongoDBは、NoSQLデータベースです。
NoSQLデータベースは、データを階層構造で格納するので、
RDBMSで必要な、テーブル作成(CreateTable文)は不要です。
事前準備なしで、直ぐに使用できます。


http://localhost:3000に、ブラウザでアクセスしてみます。